暮らしに役立つ保険の知識
Knowledge of insurance

ストレスが心身に与える影響とは?

ストレスが心身に与える影響とは?



現代社会はストレス社会ともいわれ、現代人とストレスは密接な関係にあります。
総理府が15~74歳の男女を対象に行った調査によると、
「日頃、ストレスを感じている」と答えた人は56.9%で、
実に半数以上の人が何らかのストレスを抱えているという結果でした。
また、自覚症状がない場合でも実は大きなストレスを抱えているというケースもあります。
ストレスは目に見えない分、厄介な問題でもあると言えます。



●過剰なストレスは心身にさまざまな不調をもたらす

ストレスとひと口にいっても、すべてがよくないわけではありません。
適度なストレスは、それを乗り越えたときに達成感をもたらしてくれます。
また、自信を持つことや成長する糧になることもあります。
しかし、過剰なストレスは心身にさまざまな不調をもたらすことがわかっています。
体に現れる不調としては、
頭痛や肩こり、下痢などのほか、胃・十二指腸潰瘍や円形脱毛症などを引き起こすこともあります。
心に現れる症状としては、不安やイライラ、気分の落ち込み、不眠などが挙げられ、
重症化するとうつ病など深刻な心の病につながることもあります。
さらに、ストレスは飲酒量や喫煙本数の増加、過食など、行動面に現れることもあり、
このような生活習慣の乱れが生活習慣病の発症や悪化につながることもあります。
また、ストレス自体が高血圧や糖尿病のリスクを高めるなど生活習慣病の危険因子としても知られています。

※ストレスからくる不調が続く場合は、専門医に相談しましょう。

ストレスと上手に付き合おう!

●ストレスへの抵抗力をつけよう!

こうしたストレスからくる不調を防ぐには、ストレスに対する抵抗力をもつことが重要です。
ストレスへの抵抗力は、体調の変化によって左右されます。
体調管理がきちんとされているかどうかも、ストレスへの抵抗力をつけるうえでは大切な要素です。
十分な睡眠と休養、バランスのとれた食事、適度な運動など、規則正しい生活を心がけましょう。


ストレスを解消するコツ

●自分に合った方法でストレスを解消する

ストレスと上手に付き合うためには、自分なりのストレス解消法を持っていることが大切です。
ストレスを解消する方法は、人それぞれです。
肝心なことは、それを楽しいと感じているかどうかです。
ストレス解消法の見つけ方は、ストレス解消を目的として探すというよりも、
興味のあること、やってみたいことに挑戦して、結果としてストレスが解消されていた、
というのが理想です。
アフターファイブや休日は心を解放して、心身ともにリラックスしてみましょう。



■ストレス解消法のいろいろ

• ウォーキングやジョギング、ゴルフやテニスなどのスポーツを楽しむ
• 就寝前のストレッチを習慣にする
• ガーデニングや陶芸、絵画や料理などの創作活動を楽しむ
• 旅行を楽しむ
• 家族や友人、同僚などに悩みを相談する
• 会社や近所のサークル活動に参加する
• 休日はしっかりと休む


出典:協会健保ホームページより抜粋



○ストレスのタイプと解消方法

あなたはどのタイプ?

以下の項目のうち、あてはまるものをチェックしましょう。
合計のいちばん多い欄が、今のあなたのストレスの現れ方のタイプ。
タイプは体調や日によって変わるので、そのつどチェックしてみましょう。



痛い・苦しい型

内面の葛藤を理性で強く抑え込もうとすると、局部の痛みや病気となって現れることがあります。
これは、そうしたときに現れがちなパターン。
その人自身は、体に現れた「痛い・苦しい」の原因が、
まさかストレスにあるとは思っていない場合が多く、
そのためにストレスを見過ごして、病気にまで発展させてしまうおそれがあります。
また、ふだん比較的元気な人に多く現れるので、
タバコやアルコール、夜更かしなど体に負担をかける方法で、ストレスを解消しようと思いがち。
この痛い・苦しいパターンに陥ったら、自分を過信しないことです。

今、体に現れている症状を少しでもやわらげることが大切。手軽な方法をすぐに試してみて。

ストレスは精神的なもの、と思われがちですが、そんなことはありません。
暑い、寒い、運動する、けがをするといった、体に加わる刺激も立派なストレス。
そうした精神的、肉体的な刺激がその人にとってなんらかのダメージになったとき、
ストレスの影響が現れてきます。
影響はその人の最も弱い部分に現れるのが普通です。
そのため現れ方には、人によって、またそのときによって違ってきます。

ストレスの現れ方には、心に出る場合と体に出る場合があります。
といっても精神的なストレスがいつも心の症状に出てくるわけではなく、
便秘、頭痛など体に出ることもあります。
反対に体に加わるストレスが、心を不安定にさせる場合もあります。

おすすめストレス解消法

【手浴・足浴で血行をよくする】

裸で全身を湯に浸す入浴は、実は想像以上に体力を消耗し、心臓にも負担がかかります。
それに比べて手浴や足浴は、病気のときでもできますし、
いちばん血流の悪い末端から全身を温めるので、効果はてきめん。
テレビを見ながらできる手軽さが魅力で、より簡単なのは手浴。
足浴は手が使えるので読書もできます。
やり方は簡単。バケツや洗面器に、手首、足首が隠れるくらいの湯(40度程度)を入れ、浸すだけ。
わきにタオルとポットの湯を用意して、さめたらさし湯をします。
10~20分程度、額が汗ばむまで行います。

【イメージトレーニングで痛い・苦しいをやわらげる】

イメージを使って症状をやわらげる、知っておくととても便利な方法です。
楽な姿勢で目を閉じ、大きくため息をつきながら力を一気に抜きます。
体の中で気になる、痛い・苦しい場所に意識を向けます。
そこに顔があると思ってください。どんな表情をしていますか。
よく見つめ、痛い・苦しい気持ちを理解してあげてください。
そして表情がやさしくなごむことをしてあげましょう。
なでたり、抱きしめたり、いっしょにお風呂に入って温めたり。
そのやさしい表情を充分味わったら、自分のペースでゆっくり目を開けます。


【カイロや温めたタオルでつらい部分を温める】

痛い・苦しい場所は、なんらかの方法で温めるとずいぶん楽になります。
いちばん手軽なのは、貼るタイプの携帯カイロ。肌着の上から貼るだけ。外出時にも強い味方です。
首筋、腰、胃などには、熱いお湯で絞ったタオルを当てるのも効果的。
あるいはぬらしたタオルをビニール袋に入れ、電子レンジで温めれば、
さめても繰り返し使えるので、手軽で効果も上がります。
首筋や肩のこりと痛みに効果があるのは、手ごろな空きびんにお湯を入れ、首の下に当てて寝転ぶ方法。
やみつきになる気持ちのよさです。

【人の手を当ててもらって温かさを安らぎを得る】

苦しいときこそ人の手を借りちゃおう、という方法。
母親がゼイゼイと苦しそうな子どもの胸をさすっていると、
いつの間にか穏やかにおさまったという体験、あなたのまわりにもきっとあるでしょう。
そんな効果をねらって、ご主人や子ども、彼、母親など、愛情豊かな信頼関係で結ばれた相手に、
痛い・苦しいところをさすってもらったり、手を当ててもらうのです。
「手で病気を治す人ならともかく、そんなことで効くわけないじゃない」などと思わないで。
試してみると、その効果がわかるはずです。

これは逆効果

痛い・苦しいをガマンしてはダメ。心と体のSOSを見逃してしまいます。

痛いところを無理に動かす

ついやってしまいがちな方法ですが、それがかえって痛みを悪化させることにもつながります。
特に関節の痛みなどは、決して無理をしないこと。
安静にすることが最大の治療というケースも多いので、
素人判断で「動かしていればそのうち治るだろう」などと安易に思わないようにしましょう。

痛い・苦しいを忘れようと努力する

痛い・苦しいという体の症状は、だてに起こっているわけではありません。
心や体が発しているなんらかの危険信号です。
それを見過ごして無理を重ね、あるとき突然倒れてしまう、
というのが典型的な突然死のパターンですから、気をそらそうなどと思わず、
悪いところがないか、必ずチェックしておきましょう。

(出典:オレンジページ)




なんとなく不調型

幼いころから慢性的なストレスにさいなまれ、かつ、もともと体があまり丈夫でない人に多いタイプ。
何がストレスかわからないまま、そのストレスにさらされつづけていると、
だんだん体がバランスをくずし、だるくて食欲もなく、何をするにもおっくうになってきます。
低血圧のような症状になることも多く、朝起きられず、午前中はボーッとしてやる気が出ません。
いつも心の中に葛藤がありながら、その内容がはっきりせず、もやもやとやるせない。
このタイプは落ち込み型といっしょに現れることが多く、
体の不調がますます自信を失わせ、落ち込みを強くさせてしまうこともあります。

「なんとなく」に対抗するには、心と体全体に働きかけてリラックスする方法がおすすめ。

疲れやすい、目が疲れて頭が重い、便秘、生理不順、よく眠れない、
といった自律神経失調症状が重なっているのがこのタイプ。
これといって決め手がないだけに、病院に行っても「気のせい」などと言われてしまったりします。
でも実際ストレスによって交感神経が常に緊張状態にあると、自律神経系のリズムが乱れてしまいます。
こんなときは、心と体の両方にやさしく働きかけて緊張をほぐし、充分リラックスすることです。
それによって心と体は本来のリズムを取り戻すことができるのです。

おすすめストレス解消法

【温泉旅行で心ゆったり、体ポカポカに】

何も予定を入れない温泉旅行に出かけましょう。
朝は好きな時間に起きてゆっくりと温泉に入る。
山の温泉なら木々の中で、海辺の宿なら海を眺めながら、ぼーっと過ごしたり、
湯あたりをしないように休みながら、飽きるほど温泉につかれば、心はすっかりリラックスできるはず。
また体が温まって血行がよくなると、ぐっすり眠れて疲労感も取れ、
腸の動きがスムーズになって便秘も解消されます。
さらにホルモン系の調子も正常に整ってきます。
もし余裕があったら、暖かい南の島へのリゾート旅行もおすすめです。

【腹式呼吸で自律神経を整える】

楽な姿勢で座り、へそ下10cmのおなかの奥(丹田と呼ばれる)に、
テニスボールかピンポン玉のような丸いボールをイメージします。
鼻から大きく息を吸い、
そのボールの中にふーっと吹き入れるように息(口からでも鼻からでもいい)を吐きます。
この息を吐く時間を自分のペースで数え、10までいったらまた1から始め、これを2、3回行います。
自律神経は、体の中で自動的に働いてくれるメカニズムですが、
そのなかでも唯一、自分の意志で調節できる呼吸を使うことによって、
自律神経の調子を整えることができます。

【手っ取り早く、家のお風呂でのんびり温まる】

わざわざ温泉に出かけなくても、自宅のお風呂に好みの入浴剤を溶かして、
いつもよりゆっくり温まりましょう。
観葉植物を持ち込んでちょっとした森林浴気分にひたったり、
好みのエッセンシャルオイルでアロマバスを楽しんだり、
ふだんとは違った趣向を凝らして、体を温めるとともに、心もリラックスさせてあげましょう。
特に憂うつ・落ち込み型のポイントも高い人は、温泉に出かけるのもおっくうですし、
元気な友人といっしょだとよけい落ち込んでしまうので、無理せず家がいちばん。

【睡眠は心と体の栄養。思いきりダラダラ寝る】

なんとなく体がだるくて朝起きるのがつらい。
そんな怠惰な自分が情けなくて、無理やり体を引きはがすようにして起きる毎日……。
でも怠惰な自分を許して、受け入れてあげることも大切です。
たまには「今日は起きなくていい!」と決め、
思いきりダラダラ惰眠をむさぼってみると思いのほか元気になれるもの。
眠りは体の休息であるとともに、脳の休息でもあります。
また心にため込んだ葛藤が、眠っている間に夢の中で解消されていくことも多いもの。
おまけに肌の状態もぐんと快調になる。いいことずくめですね。

これは逆効果

とにかく心と体に無理をさせることは禁物です。

朝から晩までスケジュールぎっしりの観光旅行
リラックスしようと旅行に出たのはいいけれど、
朝は朝食もそこそこにバス見学が始まり、夜は遅くまでディナーの予定があって、息つく暇もない。
こんなスケジュールぎっしりの観光旅行では、帰ったらもっとぐあいが悪くなっていた、
なんてことにもなりかねません。
旅行はできるだけのんびりペースに。

友人につきあって徹夜で飲み明かす

気分転換に、久しぶりに友人と会ってお酒を飲む。
比較的低血圧の人に多いこのタイプの場合、
適度のアルコールは血液循環を高めてくれていいのですが、元気な友人についつきあわされ、
気がついたら朝まで飲んでいた、なんてことがないように。
体のリズムがくずれ、自律神経系の不調を助長してしまいます。

(出典:オレンジページ)



憂うつ・落ち込み型

なんとなく不調型とおなじようにストレスが精神的な面に出るタイプでも、
自己否定感が強いときには、憂うつな気分や落ち込みというパターンで現れてきます。
たとえば仕事や地域活動で、役割を押しつけてくる相手がいるとします。
自分をYES(肯定)、相手をNO(否定)と考えるときは、
「私だって忙しいんだから、できるわけないでしょ!」ととらえられるのですが、
自分がNO、相手がYESと自己否定的な状態になっていると、
「できないのは私の能力がないからなんだ」と落ち込んでしまうのです。
そうするとますます自分の言いたいことがわからなくなって、悪循環に陥ることもあります。

“一人になってリラックス”が基本。自分のことをいたわってあげましょう。

この状態のときは自己否定感が強いので、まるで追い打ちをかけるように落ち込んでいる自分を責めてしまいがち。
でも無理に自分を叱咤激励するのではなく、やさしくいたわってあげる方法をおすすめします。
とはいっても落ち込んだ気分のときは、自分のために何かをしてあげることなど思いもつかず、
むしろ罪悪感すら覚えてしまうもの。
でも自分にごほうびをあげていいのです。
無理していた自分、がんばっていた自分を、たっぷり甘やかしてあげましょう。

おすすめストレス解消法

【好きな服を一着買って、自分にプレゼントする】

ショッピングは、特に女性にとっては楽しく効果的なストレス解消法。
でも憂うつなときは、出かけるのもおっくうですし、
あれもこれも買おうとすると、選ぶことに疲れてますます落ち込んでしまうので、
欲しかった服を一着だけ買いましょう。自分へのプレゼントです。
自分のためにお金を使う、それだけで気持ちは晴れ晴れとするはず。
服ではなくアクセサリーやバッグでもいいし、興味がなければ花を買っても。
この日ばかりは、好きな花を盛大に買いましょう。
お部屋も明るくなって一石二鳥です。

【ペットを飼って心安らぐ時間を過ごす】

憂うつな気分のときは、自分を上手に表現できないもの。
友人と会っても微妙な心のうちを説明できず、よけい落ち込んでしまいます。
そんなときにペットは強い味方。犬や猫、鳥やリス、あるいは虫類など何でもかまいません。
今日あったこと、感じたことを全部話してみるのです。
アニマル・ヒーリングといって、
動物にふれ、命の息づかいを感じることで病気が治るという例もあるくらいですから、
ペットはきっと弱った心をいやしてくれるに違いありません。
動物が苦手な人は、好みの観葉植物を選んでもいいでしょう。

【太陽は心の栄養。日向ぼっこでのんびりくつろぐ】

意外に忘れられているのが太陽の効用。
昔は「日向ぼっこ」といって、
縁側で何もせず、ただぼーっとお日さまに当たるという習慣がありましたが、
最近ではすっかり影をひそめているようです。
もちろん、炎天下で長く紫外線を浴びれば害になりますが、
午前中の柔らかい光の中、一日20~30分程度なら問題はありません。
オフィスや家の中の蛍光灯や電球の光の中ばかりでなく、
気持ちを明るくほぐしてくれる太陽の光を浴びてのんびり過ごしたら、気分がまったく違ってくるはずです。

【自分のペースでゆっくり散歩。緑の中や雨上がりがおすすめ】

歩く時間や速さなどおかまいなしに、自分のペースでゆっくりと散歩に出かけてみましょう。
近くの公園、遊歩道、神社の境内など、緑が多い場所がいいですね。
道端の風景をなんとはなしに眺めていると、咲く花の種類や葉の色合いに移り変わる季節を感じる。
そんな自然とのふれあいが、心をやさしくなごませてくれます。
いちばんいいのは、鳥がさえずる雨上がりと早朝。
緑も生まれ変わったようにみずみずしく、エネルギーに満ちあふれています。
そのエネルギーを体じゅうに受ければ、元気いっぱいになれます。

これは逆効果

パワーの強い人や場所は、弱った心をさらに乱す原因に。

友人と遊園地やディスコに行ってはしゃぐ
落ち込みや憂うつを吹き飛ばしたいからと、元気いっぱいはしゃぐような華やかな場所に行って、
無理やり気分を盛り立てようとするのは逆効果です。
まわりの高揚した雰囲気についていけない自分がつらくなって、ますます自己否定感が強くなることにも。「行かなければよかった」と、もっと落ち込むことにもなりかねません。

いつも「がんばってね」と励ますタイプの人に会う

励まされると「がんばらなければ」という気持ちから、プレッシャーがよけい強くなり、
それでも憂うつな思いから抜け出せない自分に、ますます嫌気がさしてしまいます。
別にがんばらなくてもいいのです。
むしろ落ち込んだ気持ちを代弁してくれる、暗めの曲を聴く方が、どれだけ励まされることでしょう。

(出典:オレンジページ)

イライラ・ムシャクシャ型イライラ・ムシャクシャ型

ストレスが精神的な面に出るタイプで、
内面的な葛藤を自分の中に抑え込まずに、なんとか対処していこうとする気持ちの強いときには、
イライラやムシャクシャというパターンが見られます。
葛藤がストレートに気持ちの上に現れるので、ストレスをためにくいタイプと言えます。
同時に自己肯定感が強いときでもあります。
相手を否定したい、言いたいことはたくさんあるのだけれど、なかなか思うようにはいかない。
怒りを爆発させたいのに爆発できない、あるいはさせる手段が見つからないので、イライラするのです。
昂じると、「自分は悪くない!」という頑固な態度に陥りがちです。

静めるより発散するのがベター。すぐにすっきりする方法がおすすめ。

このタイプは、とにかくムシャクシャした気分を発散するのがなによりの方法。
それを「なるべく腹を立てないようにしよう」などと考えて無理やり抑えつけてしまうと、
やがて「憂うつ・落ち込み型」や「なんとなく不調型」へと移行してしまうこともあります。
四の五の理屈をつけず、すぐにすっきりする発散法がおすすめです。
まずはどれでも自分に合いそうな方法を一つ選んで、試してみてください。
効果はすぐ現れて、すっきりリフレッシュできるはずです。

おすすめストレス解消法

【スポーツ観戦で思いきり盛り上がる】

サッカー、バスケットボール、バレーボール。
白熱する試合を思いきり声を出して観戦するのは、このタイプにとって最高の解消法。
女性は敬遠しがちですが、プロレス、ボクシングなどの格闘技も、気分が高揚して思った以上に発散できますし、
スポーツが嫌いな人は、ミュージシャンのライブで思いきり盛り上がるのもおすすめです。
スポーツ観戦の場合は、だれか一人、ひいきの選手を見つけるのもいいでしょう。
われを忘れて応援する快感に、イライラした気分など、一発で吹き飛んでしまいます。

【汗を流して頭の中をカラッポに】

体を動かして頭をカラッポにすること。
これはいちばん手っ取り早く効果的にイライラした気分を転換してくれます。
テニス、水泳、ゴルフ、エアロビクスなど、 好きなスポーツで汗を流しましょう。
気分転換ができるだけでなく、スポーツをして汗を流すと、血液循環が活発になって新陳代謝がよくなり、体調もよくなって免疫力が高まります。したがってストレスにも強くなります。
スポーツが苦手な人は軽いジョギングでもいいですし、ジムでマシンを使ってもいいでしょう。
とにかく体を動かして汗を流すことです。

【今の気持ちを紙に書いて表現してみる】

スポーツ観戦といっても、手ごろないいゲームはないし、雨が降ってスポーツはできない。
そんなときでもできる簡単な方法です。
ムカムカ、イライラした思いを、思いっきり紙の上にぶつけるのです。
理路整然と書く必要などありません。
「バカ」「アホ」「おたんこなす」など今、出てくる気持ちのままを、ただ子どものように書きなぐります。
だれに見せるわけでもないのですから、書く内容は自由。
フェルトペンなどの太い文字で書くほうが、気分にぴったりくるかもしれません。

【新聞紙を思いきり破いてエネルギーを発散】

これは、一度やってみると驚くほどその効果がわかる方法です。
古い新聞紙を用意して、かたっぱしから破っていきます。
破りながら「バカヤロウ」「コノヤロウ」と声を出します。
最初は小声でも、のってきたら大声で言うようにして。
エスカレートして「○○のせいだ!」と具体的な怒りが出てきたり、
泣き叫んでしまうこともあるかもしれませんが、怒りを押し込めようとせず、新聞を破りながら続けます。
最後は破った新聞を足で踏みつけて終わり。
うっくつしたエネルギーもこの方法だと上手に発散できます。

これは逆効果

一人で冷静に考える時間をつくると、ますますイライラが増してくる。

静かに音楽を聴く

イライラした気持ちを落ち着かせるには、静かな音楽を聴くのがいちばん、
と思いがちですが、実はこれが逆効果。
音楽が鳴っているそばから、頭の中を思いが駆けめぐり、あれこれいらないことまで考えて、
ますますイライラ、キリキリしてしまいます。
このタイプの場合は、頭をカラッポにするのがいちばんなのです。

瞑想、リラクゼーションをする

「すぐに気持ちがささくれ立って、ちょっとしたことにイライラしてしまうのは、自分が至らないからだ。もっと気持ちをゆったり持とう」などと考えて、瞑想やリラクゼーションをしようとしても、うまく集中できません。
ただし上のいずれかの方法ですっきり発散してから行えば、とても効果があるでしょう。

(出典:オレンジページ)



○以上、ストレスとその解消方法について勉強してきました。
ご自分のストレスの型を見極め、最適な方法で解消していきましょう!!
現代社会はストレス原因の宝庫です。
うまくコントロールして、出来るだけストレスの少ない生活を送れば、健康増進にも立ちます。
さっそく、今日から実践していきましょう!!





店舗でのご相談は下記の店舗をご利用下さい!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
保険ライン 日根野店
日根野店の予約状況
日根野店ブログ
保険・見直し・無料相談・来店・イオン・泉佐野市・代理店
〒598-0021
大阪府泉佐野市日根野2496-1 イオンモール日根野店2F
TEL:072-468-1113 FAX:072-468-1115
mail:hineno@e-bestpartner.net
営業時間 10:00~20:00
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
保険ライン 津久野店
津久野店の予約状況
津久野店ブログ
保険・見直し・無料相談・来店・イトーヨーカドー・堺市・代理店
〒593-8329
大阪府堺市西区下田町20-1 イトーヨーカドー津久野店2F
TEL:072-261-4400 FAX:072-261-4411
mail:tsukuno@e-bestpartner.net
営業時間 10:00~20:00
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
募集代理店
株式会社 Eternal Best Partner
〒630-8241
奈良県奈良市高天町43-1 REBANGA近鉄奈良駅高天町ビル5階
Tel: 0742-20-6015
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA